信濃史学会会則

 
         第一章 名称と事務所  
  (名称)  
  第一条   この会は、信濃史学会(以下「本学会」という)と称する。  
  (事務所)  
  第二条   本学会の事務所は、細則に定めるところに置く。  
         第二章 目的と事業  
  (目的)  
  第三条   本学会は、地方史に関する総合的研究を進め、あわせて全国各地の研究者および研究団体との連携を図り、わが国歴史研究の振興に寄与することを目的とする。  
  (事業)  
  第四条   本学会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。  
  (一) 会誌『信濃』の発行(月刊)
(二) 研究調査・見学講習・出版
(三) 総会・例会その他の会合
(四) 本学会の目的を達成するための事業
 
         第三章 会 員  
  (会員)  
  第五条   本学会の目的に賛同し、入会した者をもって会員とする。  
   二 会員は、会誌『信濃』の配付を受け、かつこれに投稿できるほか、本学会活動に参加できる。  
  (入会手続き)  
  第六条   本学会の会員となるには、会費半年分以上を前納し、細則に定める申込みをする。  
  (会費)  
  第七条   会員は、細則に定める年会費を納入するものとする。  
   二 既納の会費は、その如何を問わず、返還しないものとする。  
  (会員資格の喪失)  
  第八条   会員は、本人から退会の申し出があったとき、または死亡したことが通知されたとき、もしくは会費滞納が続いた場合、会員の資格を失う。  
  (除名)  
         第四章 役 員  
  (役員の選任)  
  第九条   本学会に次の役員を置く。  
  (一) 会長  一名
(二) 副会長 一名
(三) 理事  若干名
(四) 委員  若干名
(五) 会計監査 二名
 
   二 会長は、理事会で選出し、総会の承認を得る。  
   三 そのほかの役員は、会長が指名・委嘱し、総会の承認を得る。  
  (役員の任務)  
  第十条   会長は、本学会の会務を統括し、本学会を代表する。  
   二 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。  
   三 理事は、会務を分担するとともに、会長、副会長とともに理事会を組織して、本学会の運営に携わる。  
   四 委員は、会誌編集委員会、事業委員会、事務局のいずれかに属し、業務を行う。  
   五 会計監査は、本学会の会計収支を監査する。  
  (役員の任期)  
  第十一条   会長の任期は、三年を一期とし、三期を限度とする。  
   二 会長以外の役員の任期は、三年とする。ただし、再任は妨げない。  
    三 補欠のため就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。  
   四 役員は、その任期満了後でも、後任者が就任するまでは、なおその職務を行うものとする。  
         第五章 機 関  
  (機関の種類)  
  第十二条   本学会に次の機関を置く。  
  (一) 総会
(二) 理事会
(三) 委員会
(四) 事務局
 
  (総会)  
  第十三条   総会は、本学会の最高議決機関である。  
   二 総会は、年一回年度はじめに開催するほか、必要により臨時総会を開催できる。  
   三 総会は、会長が招集する。  
   四 総会は、次の各号の案件を審議決定する。  
  (一) 会則の変更
(二) 歳入・歳出予算および決算の承認
(三) 年度事業計画および事業報告の承認
(四) 役員の選任
(五) 前号に掲げるもののほか、会長の付議事項および会員の発議事項
 
  (理事会)  
  第十四条   理事会は、会長、副会長、理事により組織し、会長が招集する。必要により委員の会議への出席が認められる。  
   二 理事会は、本学会運営上の課題解決に資するため、定期的に開催する。  
   三 理事会は、次の各号の案件を審議決定し、執行する。  
  (一) 細則・諸規定の制定・改廃
(二) 委員会の設置および廃止
(三) 事業計画および一般会計予算の補訂
(四) 特別会計予算・決算の承認
(五) 他学会との連絡・提携
(六) 前号に掲げるもののほか、会長の付議事項および副会長・理事の発議事項
 
  (委員会)  
  第十五条   委員会として、会誌編集委員会、事業委員会を置き、業務を担当する。  
   二 各委員会は、委員長、副委員長、担当理事、委員若干名により組織する。正副委員長は、理事から選任する。  
   三 会誌編集委員会は、会誌『信濃』(月刊)の編集・刊行等の業務を行う。  
   四 事業委員会は、総会・例会等の開催のほか、見学・講習会等の設営、研究調査活動等の業務を行う。  
   五 各委員会は、各委員長が招集する。  
   六 必要により特別委員会を置くことができる。特別委員は理事・委員があたるほか、会員の中から委嘱することができる。  
  (事務局)  
  第十六条   事務局は、本学会の一般会計事務、会費の徴収、会員名簿の管理・ホームページの運営、会誌の発送、その他庶務の処理を行う。  
   二 事務局は、会長が統括し、理事・委員の若干名が事務局員として業務にあたる。  
   三 事務局には、必要に応じて臨時の事務職員を置くことができる。  
  (会議)  
  第十七条   各機関の会議は、あらかじめ開催日時、会場、議事等を構成員に通知して開催しなければならない。  
   二 会議の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長がこれを決する。  
         第六章 会 計  
  (会計の種類)  
  第十八条   本学会の会計は、次の各号に掲げるもので構成される。なお、特別会計については細則で定める。  
  (一) 会費・事業収入等による一般会計
(二) 資産収入等による特別会計
 
  (会計年度)  
  第十九条   本学会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。  
         第七章 付 則  
  (施行)  
  第二十条   本会則は、平成26年5月17日から施行する。  
  (細則・諸規定)  
  第二十一条   本会則の施行にあたって必要な細則および諸規定は、理事会の議決により、制定もしくは改廃する。  
   
   平成26年5月17日改正  
   
 

トップへ戻る