会誌編集委員会  
     
  2016年度編集報告および2017年度編集計画  
     
 
2016年度編集報告

(1)『信濃』第68巻4月号から第69巻3月号の発刊
〇掲載論考等数
  総数:61 論文:31 研究ノート:7 史資料紹介2 その他21
  〇総頁数と平均頁数
    総頁:970 1冊平均:80.8頁
  〇執筆者数
    総数77人 
  〇特集関係
    隣県特集(68巻6号)
    第3次『信濃』800号記念(68巻9号)
    満州小特集(68巻11号)
    中近世特集「中世の人・社会と経済」(68巻12号)
    民俗学特集(69巻1号)
    考古学特集(69巻3号)
    


2017年度編集計画

(1)編集の基本方針
   @毎月20日の定期発行
   A毎号を80頁前後で構成する
   B紙面構成の多様化と執筆者の拡大を検討する
   C査読の重視
(2)編集計画
   @特集号の原稿を公募し編集する
     予定している特集
      真田家文書特集(4月 発刊済み)
      隣県特集(6月) 満州特集(11月) 中近世特集(12月)
      民俗学特集(1月)
      A学生対象の懸賞論文を公募する
   B武田安弘信濃史学会元委員長の追悼文を掲載
   C多くの会員の投稿をお待ちしています
 
     
     
   
  トップへ戻る