信濃史学会  
     
  2018年度 事業計画  
     
 
1、定期総会・研究発表・記念講演 
  平成30年5月19日(土)10時〜16時30分  於 松本あがたの森文化会館
  理事会・委員会
   定期総会
   報告   
   「信濃史学会のアンケート結果報告」               後藤芳孝 副会長
    記念講演
   「古代・中世の温泉ーもう一つの日本宗教史ー」       信州大学教授 牛山佳幸 氏


2, 7月例会
    平成30年7月22日(日)10時30分〜15時     於 安曇野市豊科郷土博物館
  主催 安曇野市豊科郷土博物館  共催 信濃史学会・長野県民俗の会
    研究報告
     婚礼衣装の共有と婚礼ー山形村からの事例からー
                                       大島幸子  氏(山形村教育委員会) 
    講演
    わたしの終末活動                                           福澤昭司  氏
    *安曇野市豊科郷土博物館入館料 100円(参加者負担)


3、第三次『信濃』70周年記念研究集会
    平成30年10月20日(土)    13時〜19時30分    於 ホテルモンターニュ松本
   研究テーマ   「地域史研究の役割と課題」
   記念式典                 
      学生フレッシュ論文表彰・選考結果報告、投稿本数最多表彰          
   記念講演               
    高埜利彦 学習院大学教授 
    シンポジウム        
      パネリスト 青木歳幸氏、小林竜太郎氏、山中さゆり氏


4、第103回セミナー
    平成30年12月9日(日)  13時〜15時30分   於 長野県立歴史館第一研修室
    主催 信濃史学会・信州近世史セミナー・長野県立歴史館
    研究テーマ「村の生活・都市の生活」(仮)
    研究報告    1名
   講演
    「幕末〜明治における松本の医療事情」   塩原佳典(畿央大学准教授)


5、事業委員会の開催
 
     
     
   
  トップへ戻る