『信濃』第69巻第9号(通巻812号) 2017・9
<目次>
[論文]
 八ヶ岳西山麓の縄文遺跡群と集落関係  鵜飼幸雄

 近世期における武家の放鷹文化の一斑−松本藩の鷹匠・外山氏を事例として−  二本松泰子

 松本近郊の在郷町成相新田の成立と展開について(下)−新田町村の芝切藤森家同族団の動向を基軸に−  高原正文

 真田信繁判物とされる史料の再検討−西上州安中氏惣領家滅亡間際の発給文書では−  寺島隆史

会告「学生フレッシュ論文」の募集について

会告 信濃史学会「地方史講座」のお知らせ

会告 信濃史学会第102回セミナーのお知らせ

長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

 定価1,150円+送料78円 お申込みは信濃史学会事務局まで。

9月12日
閉じる