事業委員会

2021年度 事業委員会活動報告

1 5月例会(民俗)
  期日 5月8日(土) 10:00〜16:00
  場所
   @10:00〜     千曲川左岸平和橋下流河川敷つけば
   A13:00〜16:00   長野市立博物館
  主催 信濃史学会
  共催 長野県民俗の会、八十二文化財団
  内容  「千曲川の漁労習俗」
   @つけば漁見学
   A企画展見学   「千曲川の魚とり」 解説 長野市立博物館学芸員 樋口明里氏
   B講演 「海なし県の漁労文化ーその先進性と現代性ー」 神奈川大学教授・日本常民文化研究所所長 安室 知氏
  参加者32名。

2 定期総会・シンポジウム
  期日   5月22日(土) 10:00〜16:30
  場所   松本市Mウイング(中央公民館)
  内容
   @理事会・委員会  10:00〜11:00
   A総会            11:10〜12:00
   Bシンポジウム「公文書と地域資料の保全」
    ア 基調講演(Web講演) 13:10〜14:10
     「長野県における公文書等の管理と課題」 東洋大学法学部教授 早川和宏氏
    イ 報告     14:15〜15:15
     「上田・東御・小県地域における公文書、地域資料保全の取り組みについて」 勝見譲氏(長和町教育委員会)
     「『重要文書』とは何か─安曇野市の取り組み─」 青木弥保氏(安曇野市文書館)
     「地域資源としての公文書・地域資料を散逸させないために─長野県立歴史館の史料収集と公開─」 村石正行氏(長野県立歴史館)
    ウ  シンポジウム  15:15〜16:15
  参加者39名、オンラインでの参加者35名、計74名の参加。
  その他
   ・今回はZOOMを使った講演やオンライン配信を行うため、WiFi設備の整ったMウイングを会場とした。
        ・小松会長から県知事等に提出する「公文書・地域資料の保全と、『長野県史』現代編等の編集事業実施についての要望書」の提案があった。県内25の歴史系の研究団体等へ要望書(案)を送付し、5月22日までに18団体から賛同の回答があったとの報告があった。

3 第6回地方史講座
  期日   10月17日(日) 13:30〜15:35 (受付:13:00)
  場所   上田駅前ビル パレオ2階会議室 (上田市天神一丁目8番1号)
  主催  信濃史学会  公益財団法人八十二文化財団
  共催  上田情報ライブラリー
  内容
  講演 「全市町村に公・文書館を!!ー上田・東御・小県地域史連絡協議会の活動からー」 小平千文氏
  参加者23名。

4 近世セミナー(第106回セミナー)
  期日  12月4日(土)
  場所  長野県立歴史館
  主催 信濃史学会・信州近世史セミナー・長野県立歴史館
  内容
   研究テーマ 「感染症と向き合う」
   研究報告1 「感染症と人々の対応ー南信地方の事例からー」 塩澤元広氏
   研究報告2 「旗本諏訪氏百瀬知行所と松本藩における幕末の感染症対応」 青木教司氏
  参加者 30名

5 事業委員会の開催
  第1回事業委員会  5月22日(土) 於 松本市Mウイング
  第2回事業委員会  7月31日(土) 於 松本市あがたの森文化会館
  第3回事業委員会  12月11日(土) 於 松本市あがたの森文化会館
  第4回事業委員会     2月 5日(土)    於 松本市あがたの森文化会館
  第5回事業委員会  4月23日(土) 於 松本市あがたの森文化会館

6 その他
  2021年4月26日(月) 於 松本市Mウイング 総会等準備打ちあわせ

 尚、「2022年度 事業委員会活動計画」は、本ホームページ帯の上部にある「活動の様子」→ 「年間活動計画」をご覧ください。