『信濃』最新号目次

『信濃』第74巻第7号(通巻870号)
(定価1,150円、送料別)

<目次>

隣県特集

隣県地方史学界の動向−令和3年(2021年)−

山梨県地方史研究の動向
上野桜・西川広平・橋修
新潟県地方史研究の動向
石原正敏・浅井勝利・田嶋悠佑・渡部浩二・荒川将
群馬県地方史研究の動向
丑木幸男
愛知県地方史研究の動向
日吉康浩・神谷智・石田泰弘・上田早織・山下廉太郎
岐阜県地方史研究の動向
村瀬泰啓・堀祥岳
埼玉県地方史研究の動向
堀口智彦・根ヶ山泰史・榎本博
富山県地方史研究の動向
鹿島昌也・松山充宏・尾島志保・森俊
長野県地方史研究の動向
櫻井秀雄・福島正樹・市川包雄・田玉徳明・田澤直人
  • 会告 令和4年10月民俗例会のご案内
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第74巻第6号(通巻869号)
(定価1,150円、送料別)

<目次>

論文

御柱祭における曳き綱製作−富士見町富士見地区を事例として−
石川俊介
「割山」再考−古川貞雄と西川善介の研究を出発点に−
斎藤一

研究ノート

石川数正の晩年
宮島義和

史料紹介

函館市中央図書館所蔵『松風夷談』の解説と翻刻
星野岳義

書評

市東真一『祭礼における権威創造の民俗誌−旦那衆・町鳶・若連−』
倉石忠彦
本島和人『満洲移民・青少年義勇軍の研究−長野県下の国策遂行−』
伊藤純郎
  • 会告 令和4年度の事業予定 会費納入
  • 博物館情報 長野県立歴史館夏季企画展
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第74巻第5号(通巻868号)
(定価1,150円、送料別)

<目次>

考古学特集号

論文

信州に忘れざる縄文土器−伊那市羽広、安曇野市他谷遺跡出土土器の語り−
三上徹也
史跡恒川官衙遺跡の概要
下平博行
水内郡衙について−長野市県町遺跡の発掘調査成果から−
柴田洋孝

研究ノート

おらぁ百姓だでなぁ−迫悼・武藤雄六の考古学−
高見俊樹
安曇郡の古代を考える−明科から安曇郡をみる−
原明芳
  • 会費納入のお願い・故小松芳郎会長の追悼文掲載について
  • 地域情報 飯田市歴史研究所【歴史研究活動助成】案内
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第74巻第4号(通巻867号)
(定価1,150円、送料別)

<目次>

第2回学生フレッシュ論文入選作発表

入賞論文

西海捕鯨業における鯨組と地域秩序−近世後期平戸藩領小値賀浦を事例として−
大淵菜音子
審査報告 第2回懸賞「学生フレッシュ懸賞論文」審査経緯
小松芳郎

論文

旗本諏訪氏百瀬知行所と松本藩における幕末の感染症対策
青木教司

書評

塚本学著『生き物と食べ物の歴史』と『歴史・民俗・博物館』
郷道哲章

報告

信濃史学会地方史講座 公・文書館設置運動の推進について
小林茂喜
第106回セミナー 感染症と向き合う
山中さゆり

追悼文 山浦寿元会長

山浦元会長を偲ぶ
後藤芳孝
追悼 山浦寿先生−歴史を語り継ぐこと言葉の力を信じること−
青木隆幸
山浦寿先生を偲んで
原良通
  • 会告 信濃史学会 2022年度(令和4年度)定期総会・研究発表・記念講演開催のお知らせ
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る