『信濃』最新号目次

『信濃』第73巻第3号(通巻854号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

特集 追悼 竹内誠氏

追悼文

敬愛する先輩竹内誠さんを悼む
森安彦
竹内誠さんを感謝をこめて追悼する−「また、どこかで」とつぶやきながら−
上條宏之
竹内誠先生のご逝去を悼んで
高木俊輔
竹内誠先生、お世話になりました
福島正樹
竹内誠先生とのこと
西澤安彦
竹内誠先生との出会い
柳澤哲
竹内誠先生を偲んで
徳嵩雄司
不肖のデシを許してください
土屋淨
教育とは人に良い影響を与えるということ
清水祐三
謹んで竹内誠先生のご逝去をお悼みします
吉沢誠
竹内先生を偲ぶ
立沢和樹
竹内誠先生に教えられたこと
三井隆典
深謝〜忘れられない竹内先生のお姿・言葉〜
中村芳人
竹内誠先生に学んで
小松芳郎
竹内誠先生に頂いた学恩を想う
山崎哲人
竹内誠先生を侭ぶ
太田秀保
人を育てた竹内先生
後藤芳孝

論文

松代藩真田家の類別に関する一考察−真田家家格研究の導入として−
水野聖也
  • 会告 2021(令和3)年度 定期総会・シンポジウム開催のお知らせ
  • 創刊以来1000号記念特集原稿募集
  • 会務報告 長野県教委への要望書提出
  • 長野県郷土雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第73巻第2号(通巻853号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

室町幕府奉行人諏方信祐の生涯−その肖像賛語をめぐって−
村石正行
昭和初期恐慌期における村財政の具体像(後編)−更級郡信田村を事例として−
田中薫

史料紹介

国民軍徴兵と西南戦争の電信資料−上田市公文書館所蔵文書−
倉澤正幸

研究ノート

エリ穴遺跡の石鏃風評
桐原健
  • 会告 第二回学生フレッシュ論文募集
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第73巻第1号(通巻852号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

民俗学特集号

論文

須坂祇園祭−その歴史的展開と現状−
松崎憲三
初絵の習俗と図像資料
鈴木英恵
都市における伝統の継承−曽根崎露天神社を中心に−
倉石美都

研究ノート

話をきく会の成立−柳田國男・橋浦泰雄の書簡から見る−
胡桃沢勘司
  • 会告 第二回学生フレッシュ論文募集
  • 会告 特集号原稿募集のお知らせ
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第12号(通巻851号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

地域特集「諏訪郡」

論文

諏訪上社前宮御室考
鵜飼幸雄
『諏訪大明神絵詞』外題・奥書考
石井裕一朗
文化六年信州諏訪郡乙事村の村方褒賞について
冨善一敏
文政〜慶応期における高島藩林目付の増員と世襲化
坂本達彦
諏訪上社の縁起伝承
−諏訪市博物館寄託諏訪神社上社権祝矢島家文書『信州諏方大明神縁起』を端緒として−
二本松泰子

地域動向

大昔調査会「あの頃を、あたらしく、おもしろく。」
高見俊樹
  • 『信濃』第72巻総目次
  • 会告 1月例会のお知らせ
  • 会告 公文書関係特集号と関連アンケート実施のお知らせ
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第11号(通巻850号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

講演・近現代史特集

総会講演

満州移民と長野県
伊藤純郎

論文

昭和初期恐慌期における村財政の具体像(前編)−更級郡信田村を事例として−
田中薫
昭和戦前期における〈戦没者慰霊〉の展開−長野県南佐久都の「公葬」を中心に−
小池祐賀子
  • 会告 第105回セミナーのお知らせ
  •   公文書関係特集号と関連アンケート実施のお知らせ
  •   「公文書関係特集号」アンケート記入用紙の様式
  • 会費払い込みのお願い
  • 受贈図書紹介/長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第10号(通巻849号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

下高井郡木島平村根塚遺跡出土の鉄剣をめぐる諸問題
杉山和徳
元和七年上田領別所足軽女房身代文書考
尾崎行也
借屋人統制からみる地域秩序の変容
速渡賀大
戦時下における苹果出荷組合の変遷
横山憲長
  • 会告 公文書関係特集号と関連アンケート実施のお知らせ
  •   「公文書関係特集号」アンケート記入用紙の様式
  • 信濃史学会第105回セミナーのお知らせ
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第9号(通巻848号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

松本市内の天白信仰−天白稲荷を事例に−
市東真一
上田・東御・小県地域における住民要望の公・文書館作り運動
−地域民主主義と文化を支え・育み、発展させる砦作り−
小平千文
戦国期山野相論の中人制と大名法廷判例の実態
井原今朝男
  • 会告 第五回「地方史講座」のお知らせ
  • 受贈図書紹介/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第8号(通巻847号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

下伊那のスペイン・インフルエンザ−『南信」の記事からみるその流行−
前澤健
地域社会における「オチャ」の機能
倉石忠彦
多胡碑に刻まれた「穂積」の文字−音の通用と上野国分寺文字瓦−
松田猛
戦国期東海・甲信地方における臨済宗妙心寺派の地方展開
岩永紘和
総会報告 2020(令和2)年度定期総会
事業委員会
信毎賞贈呈式における挨拶
小松芳郎
  • 会告 第5回「地方史講座」のお知らせ
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第7号(通巻846号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

隣県特集

隣県地方史学界の動向−平成31・令和元年(2019年)−

埼玉県地方史研究の動向
堀口智彦・根ヶ山泰史・榎本博
富山県地方史研究の動向
鹿島昌也・松山充宏・尾島志保・森俊
山梨県地方史研究の動向
上野桜・西川広平・橋修
新潟県地方史研究の動向
石原正敏・浅井勝利・田嶋悠佑・渡部浩二・荒川将
群馬県地方史研究の動向
丑木幸男
愛知県地方史研究の動向
浅岡優・神谷智・石田泰弘・上田早織・山下廉太郎
岐阜県地方史研究の動向
村瀬泰啓
長野県地方史研究の動向
櫻井秀雄・福島正樹・市川包雄・田玉徳明・田澤直人
  • 会告 信濃史学会2020(令和2)年度定期総会・記念講演開催のお知らせ
  • (速報)本会が信毎賞を受賞
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第6号(通巻845号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

近世飯田町の火災復興と消防体制
伊坪達郎
学際的に考える洪水−戌の満水について−
青木隆幸
陸軍第十五師団歩兵第十七旅団機動演習
伊藤修

研究ノート

男神像の発見から牛伏寺遷座まで−『牛伏寺誌』発刊後の動向−
浜野安則
古代の善光寺について考える(追補)
石川勝義
  • 会告 信濃史学会2020(令和2)年度定期総会・記念講演開催のお知らせ
  • 会費納入のお願い
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第5号(通巻844号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

考古学特集号

論文

県主塚古墳の出土遺物
平林大樹
諏訪市一時坂遺跡出土の円環鏡板付轡について
児玉利一
近世信濃における近江商人についての考察−保知煙管の出土から−
竹内靖長
牛伏寺骨堂跡の調査をめぐって−近世の納骨遺跡をめぐって−
原明芳

書誌紹介

青木廣安著『川の風土学−須高地方における河川の原風景を求めて』
村石正行
  • 会告 信濃史学会・記念講演の開催について
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第4号(通巻843号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

奥信濃の中村藩一万石と藩主岩城貞隆
樋口和雄
松本市城山公園における遺構の現状
小山泰弘
我田引鉄と地方自治−諏塩直行鉄道と大平野市構想−
清水一明

研究ノート

松本城若宮八幡跡は馬出か
後藤芳孝
  • 会告 信濃史学会2020(令和2)年度 定期総会開催延期のお知らせ
  • 会告 会費納入のお願い/住所変更連絡のお願い
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る