『信濃』2019年度各号目次

『信濃』第72巻第3号(通巻842号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

明智光秀の丹波支配と家中定書
柴辻俊六
潮神明宮「日岐盛直神田寄進状」の日付をめぐって
逸見大悟
伝承と史実の間−「古代寺院」の創建と廃絶−
関口功一

参加記

第45回全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 
全国(安曇野)大会に参加して
山中さゆり・小林茂喜・後藤芳孝
・倉澤正幸・高原正文
  • 会告 第2回学生フレッシュ論文募集(予告)
  • 第2回学生フレッシュ論文募集要項
  • 受贈図書紹介/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第2号(通巻841号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

平安時代の信濃の渡来系氏族について
川崎保
古代の善光寺について考える(下)
石川勝義

研究ノート

折口信夫『大嘗祭の本義』再考
福澤昭司

報告

例会 穂高神社御船祭
市川包雄
第4回地方史講座 戸隠信仰と高距御師集落
市川包雄
第104回セミナー 近世の災害とその復興
市川包雄
  • 会誌『信濃』投稿規定
  • 会告 投稿規定の改定について
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目/受贈図書紹介

▲先頭へ戻る


『信濃』第72巻第1号(通巻840号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

民俗学特集号

論文

長野県内の人形神送り
三石稔
「被災地」となったある集落の模索−長野県北部地震の栄村小滝の取り組みの土台と展開−
中野紀和
天竜川上中流域の水神信仰−九頭龍の石碑と戸隠信仰−
伊藤修
都市祭礼における若者組織の結成−熊谷うちわ祭の祇園会を事例に−
市東真一

見学記

『戦国 小笠原三代』観覧之記
前澤健
  • 会告 誌面改定のお知らせ
  • 会告 特集号原稿募集のお知らせ
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第12号(通巻839号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

地域特集「安曇野」

論文

佐々成政の富山浜松往復と安曇郡
萩原大輔
初期松本藩領における法と下達文書−慶長一九年発給の小笠原秀政印判状・制札をめぐって−
村石正行
拾ヶ堰を求めて−長大な横堰への希求と実現への道
逸見大悟
江戸時代中後期の在郷町の身分対立と祭礼事件−糸魚川街道池田宿をめぐって−
小野和英

地域動向

仁科路研究会の活動について
荒井和比古
安曇野市文書館の収蔵資料と活動について
青木弥保
  • 『信濃』第71巻総目次
  • 会告 紙面改定のお知らせ
  • 会告 会費払い込みのお願い
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第11号(通巻838号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

講演・近現代特集

総会講演

求められる歴史学−他分野との協同、地域への貢献−
中央学院大学教授 白水智

論文

拓務省委員中原謹司の満洲視察−下伊那の満洲移民研究への試論−
本島和人
語りと記録のなかの大日向満州分村移民体験
伊藤純郎
農村副業と農村産業離合
清水一明
  • 会告 第104回セミナーのお知らせ
  • 情報 文化財レスキューボランティア募集
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第10号(通巻837号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

河野齢蔵の植物調査、植物標本および執筆物に関する資料調査報告
松田貴子・小原稔
古代の善光寺について考える(上)
石川勝義
前方後円墳造営後半期の大王墓の比定について
山中鹿次

研究ノート

波多判官代跡の中世
鎌田宣之
  • 会告 第104回セミナーのお知らせ
  • ホームページのリニューアルについて
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第9号(通巻836号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

鷹匠と鷹書制作(下)−諏訪藩の鷹匠伝来の新出資料を手掛かりに−
二本松泰子
飯田下伊那における明治初期の町村合併(下)−平田門人、森多平、地価軽減運動と関連づけながら−
青木隆幸
中野市南大原遺跡にみる弥生時代の鉄器製作遺構
杉山和徳
『信長公記』における「天理本」の位置付けについて
武田健作
  • 会告 地方史講座のお知らせ
  • ホームページのリニューアルについて
  • 雑誌関係要目/受贈図書紹介
  • 学会情報−全史科協安曇野大会案内−

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第8号(通巻835号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

鷹匠と鷹書制作(上)−諏訪藩の鷹匠伝来の新出資料を手掛かりに−
二本松泰子
飯田下伊那における明治初期の町村合併(上)−平田門人、森多平、地価軽減運動と関連づけながら−
青木隆幸

研究ノート

伝承化した中世領主会田氏の実像を追う
宮島義和

書誌紹介

上島有著『新しい中世古文書学−アーカイブズとしての古文書−総論偏』
柴辻俊六

総会報告

信濃史学会第一二期の基本方針
小松芳郎
2019(令和元)年度定期総会 事業委員会
市川包雄
会員アンケート検討結果の報告 理事・委員会
後藤芳孝
  • 会告 9月例会案内
  • 地方史講座のお知らせ
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第7号(通巻834号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

隣県特集
隣県地方史学界の動向一平成30年(2018年)−

愛知県地方史研究の動向
神取龍生・神谷智・高橋賢・山下廉太郎・塚本弥寿人
埼玉県地方史研究の動向
堀口智彦・根ヶ山泰史・榎本博
富山県地方史研究の動向
鹿島昌也・松山充宏・尾島志保・森俊
山梨県地方史研究の動向
上野桜・西川広平・高橋修
新潟県地方史研究の動向
石原正敏・浅井勝利・田嶋悠佑・渡部浩二・荒川将
群馬県地方史研究の動向
近藤聖弥・丑木幸男
岐阜県地方史研究の動向
村瀬泰啓
長野県地方史研究の動向
櫻井秀雄・福島正樹・畔上不二男・田玉徳明・三石稔
  • 会告 九月例会
  • 会費払い込みのお願い
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第6号(通巻833号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

真田家臣・清水家文書の紹介と検討
黒田基樹
真田氏上田在城時代創建の藩主関係屋敷をめぐって
寺島隆史
満蒙開拓青少年義勇軍送出と郡市教育会の教師たち(下)−信濃教育会上伊那教育部会を中心にして−
本島和人
  • 会告 隣県特集の掲載号変更について
  • 会告 学生会員枠の設置について
  • 会費払い込みのお願い
  • 長野県郷土雑誌関係要目/雑誌関係要目

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第5号(通巻832号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>

論文

大日向満洲分村移民における指導層の歴史認識−1930年代送出初期における指導理念を中心に−
上條宏之
元禄期信濃国飯島代官所の「樽木成」改革
前澤健
律令制初期の地域再編に関する事後処理
関口功一

研究ノート

松本平の終末期古墳
桐原健

報告

第103回セミナー
市川包雄
  • 会告 2019(令和元)年度定期総会・研究発表・記念講演開催のお知らせ
  • 信濃史学会入会のお勧め
  • 雑誌関係要目/受贈図書紹介

▲先頭へ戻る


『信濃』第71巻第4号(通巻831号)
(定価1,150円、送料別)
  • <目次>
  • 特集 第三次『信濃』70周年記念研究集会

記念講演

ほこり高き『信濃』の存在
高埜利彦

シンポジウム

地域史研究の役割と課題
 
信濃史学会の役割を見つめ直す
青木歳幸
行政をリードする意気込みで活動を
小林竜太郎
博物館の役割と取り組み
山中さゆり
シンポジウムの討議
 
記念集会当日の様子
 
参加者からの感想
 
開催趣旨と準備経過
 
資料 第三次『信濃』70周年のあゆみ
 
  • 会告 2019(令和元)年度 定期総会・研究発表・記念講演開催のお知らせ
  • 会誌『信濃』投稿規定
  • 雑誌関係要目

▲先頭へ戻る