『信濃』第76巻第6号(通巻893号) 2024・6

2024/06/20


<目次>
特集 シンポジウム
 「史資料の収集・保存・散逸防止と史誌編さん」
[報告]
 昭和四○年代の長野県の史誌編さん−『信濃史料』刊行終了と『長野県政史』・『長野県史』−  村石正行

[問題提起1]
 近現代史の史資料の保存と活用−主として民間の史資料に関わって−  桂木惠

[問題提起2]
 小冊子の発行を通して思うこと  小林一郎

[問題提起3]
 史資料の収集保存から、新しい史誌編さんへ−大昔調査会の活動を通じて−  高見俊樹

[間題提起4]
 アーカイブズにおける歴史資料(歴史公文書等)の保存と整理  松島耕二

[シンポジウム]

本号の編集について

会告 本会後援事業のお知らせ

郷土雑誌関係要目

雑誌関係要目

 定価1,150円+送料 お申込みは信濃史学会事務局まで。料金は雑誌『信濃』到着後、同封した振込用紙でお支払い下さい(代金後払い)。

トップページへ戻る