会誌『信濃』 投稿規定

投稿を歓迎します。下記の要項で投稿してください。ただし、本会の会員であることを原則とします。

  1. (1)原稿の種類と字数の限度

    @ 論文 (歴史学・民俗学・考古学・人文地理学・文化財などに関する論考)
    2万字程度
    A 研究ノート (上記の諸分野に関する試論、問題提起等)
    1万2千字程度
    B 史料紹介(史資料紹介)
    8千字程度
    C 研究の窓 (調査報告・研究動向等)
    8千字程度
    D 書評や紹介 (書評・書誌紹介・地方史や学会の情報等)
    4千字程度
    E 随想 (地方史研究に関するもの)
    4千字程度

       字数には、脚注、図・表・写真などのスペースをふくみます。また、分割掲載をすることもあります。
      1論文3万字以上の原稿は受け付けることができません。

  2. (2)原稿作成上の留意点

    1. @ データ化して投稿をお願いします。
    2. A パソコンA4用紙に本文・註とも同じポイントで、縦書き40字30行で印字してください。印字した原稿とともにデータをCD・USBなどの記録媒体に入れ送付してください。そのさい原稿作成したソフト名もご記入ください。
      文字や図・表・写真はそれぞれに単独のデータとして、別々に記録媒体へ保存してください。(PDF不可)
    3. B 図・表類は必要最小限にとどめてください。また、そのまま印刷にまわせるよう正確に作成してください。(作成が不十分な場合は書き直しをお願いします。また、大幅な作図が必要な場合は別途料金が発生することもあります)
    4. C 完全原稿とし、執筆者校正(初校1回のみ)のさいに、大幅な修正をしないようにしてください。
    5. D 本会ホームページの論文検索の上で、キーワード検索ができます。希望する方は、論旨に関係する主題・副題のなかに含まれない単語を5つまで選定原稿の末尾に記載してください。
    6. E 論文等の末尾に住所を記載します。記載内容について希望がある方はその旨事前に連絡をしてください。
  3. (3)投稿方法

    1. @ 投稿は、印字したもの2部と、本文・図表等をいれた記録媒体を同時に送付してください。メール添付での原稿送付はお受けできません。
    2. A 氏名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスを明記してください。
    3. B 送付先は本会事務局まで(雑誌の奥付をご覧ください)。
    4. C 原稿の審査中に別の原稿を新たに投稿することはできません。
  4. (4)審査

    1. @ 採否は会誌編集委員会において審査します。書き直しをお願いすることがあります。
  5. (5)掲載号進呈・抜刷

    1. @ 原稿料はお支払いできません。
    2. A 掲載号を論文の場合は10部、その他の場合は5部ないし3部を進呈します。
    3. B 抜刷(表紙付)は実費です。必要な方は初校戻しまでに連絡をしてください。
  6. (6)著作権関係

    1. @ 引用する場合など、著作権侵害にならないように配慮してください。掲載の許諾は投稿者が行ってください。
    2. A を重ねて他誌に投稿する(二重投稿)ことはご遠慮ください。
    3. B 転載などの場合は必ず本会の承諾を得てください。また本誌に掲載したものである旨を明記してください。
  7. 本規定は令和2年1月から適用します。