信濃史学会

2022年度 事業計画

1 定期総会・研究報告・講演
  期日 5月21日(土)     10:00〜16:30
  場所 松本市あがたの森文化会館  講堂・講堂内第1会議室
  内容
   @理事・委員会                    10:00〜11:50  講堂内第1会議室
   A総会・学生フレッシュ論文の審査結果発表・表彰    13:00〜14:00 講堂
   B学生フレッシュ論文受賞者報告                     14:15〜14:55 講堂
    「西海捕鯨業における鯨組と地域秩序−近世後期平戸藩領小値賀浦を事例として−」 大淵菜音子氏
   C講演                                          15:00〜16:30  講堂
    「新しい県史に向けての提言」   国立歴史民俗博物館名誉教授   井原今朝男氏

2 10月例会(民俗)
  期日 10月1日(土)
  場所  AM 松本市馬場屋敷見学   PM 本棟造り見学
  主催 信濃史学会
  共催 長野県民俗の会、八十二文化財団
  共通テーマ 「信州の建物を考える」(仮)
    中信地方の本棟造りなどの巡検及び解説

3 第7回地方史講座
  期日   10月9日(日) 13:30〜15:35 (受付:13:00)
  場所   赤穂公民館地域交流センター (駒ヶ根市上穂栄町23番3号)
  主催  信濃史学会  駒ケ根市公民館協議会
  共催  公益財団法人八十二文化財団
  内容   講演 「上伊那の景観育成の現状と課題」  山口通之氏

4 近世史セミナー(第107回セミナー)
  期日  12月3日(土)
  場所  長野県立歴史館
  主催 信濃史学会・信州近世史セミナー・長野県立歴史館
  研究テーマ「江戸時代の大名家」(仮)
   研究報告1 「松代藩の大名家」(仮) 米澤 愛氏
   研究報告2 「高遠藩の大名家」(仮) 大澤佳寿子氏